韓流式 日本株投資

兜町の有名相場師K氏が贈る株情報 最新の稼げる銘柄と運用報告

軟調な相場でも、しっかり利益でます

日経平均は17,155.85円の489.26円安
TOPIXは1,393.82ポイントの44.85ポイント安
 東証1部の値上がり銘柄数は83
 値下がり銘柄数は1,784
 出来高は12億8,353万株
 売買代金は1兆2,494億円



全体相場が軟調な展開となる中、ご不安を感じられている会員様も多いことかと思います。

      だからこそオススメしたい銘柄がございます。


お世話になっております。サポートデスクでございます。

今回、弊社サービスを日頃からご愛好頂いている投資家様に
「特別なご案内」をさせて頂きたく、ご連絡差し上げました。        
~~~~~~
~~~~~~



//////////////////////////////////////////////
■「チャイナ・ショック」を別目線で視ると・・・
//////////////////////////////////////////////
今回の波乱は「8月11日人民元切り下げ時」から顕著になりました。
今は「第二ステージ」に入っていると思われます。

////////////////////////////////////////
■2015-2016年度の企業業績イメージ明確化
////////////////////////////////////////
10月中旬になると、中間決算発表が始まります。
株式市場が下げたタイミングでやってくるものですので、
いつも以上に重要度が高いです。
その中で考えたいのは「圧倒的に優位」にあるものです。


//////////////////////////////////
■当面の日経平均の見通しと投資戦略
//////////////////////////////////
「チャートポイントがどうこう・・・」などではなく、
どのセクターとその銘柄が買いであり、売りであるのか
海外の事ばかりに目を奪われてはいけないということに
ついても具体的に話をしたいと思います。


広告を非表示にする