韓流式 日本株投資

兜町の有名相場師K氏が贈る株情報 最新の稼げる銘柄と運用報告

2月後半相場を制する

日経平均は反発

22000円台回復から上げ幅を広げた。一方、後場は乱高下。

米株先物の弱含みや円安一服

売り一巡後には買いが入り、小幅に

プラスを確保して終えた。

東証1部の売買代金2.6兆円。

業種別

ガラス・土石、電気機器、その他製品などが上昇

東証1部への市場変更を発表したジェイリースがストップ高

http://syoukenshinpou.blog13.fc2.com/blog-category-1.html

日経平均   

21970.81 +45.71

先物   

21970 +40

TOPIX 

1761.61 -0.84  

無料株式情報

http://syoukenshinpou.blog13.fc2.com

ブロマガ登録版

http://syoukenshinpou.blog13.fc2.com/blog-category-1.html

広告を非表示にする

2月後半の株式戦略と実践銘柄

ドル円相場が107円台後半の動きをしたことで
日本株をさらに売り込む動きは限定的です。

積極的に買われているわけではないですが、
売りものが少なくなっている印象があります。



でも、もし為替がその理由なのであれば、
また円高に振れると
たちまち売りが多くなるという予想も出てきます。


++++++++++++++++++++++++++++++++
そういう状況だと
どういうところに物色が向くのか?
++++++++++++++++++++++++++++++++
  ↑
このように考えていくことになるでしょう。




ファンドが底値圏で買い付けた後、しっかりと株価が上がるように、
一般の投資家達に向けて

「今は買う時だよ」

と焚き付けている事は明白。

では、その海外ファンドが本格的に買い進む「前に」仕込めば…

▼結果は「こうなるでしょう!」▼
広告を非表示にする

当然銘柄もこのテーマに則して選んであります

東京市場が目に見えて急落したのは2月5日から。
しかし高値をつけたあと次第に下落に転じたのは1月24日。
まだ1カ月はたたないものの、
間もなく1カ月です。

では、為替はどうか。

円が対ドルで113円台から次第に上昇を開始したのは、
1月22日。
こちらはあと2日で1カ月というところまで来ていて、
目先は上げ止まるか、少し円安に転じてもおかしくない状況です。

当然トヨタ自動車など主力株はそんな為替の推移を横目で見ながら上下していることになりますが、
今日の値動きを見る限り、反落はしたものの、
直近底値からの反転基調はキープされている




☆【2191】テラ[東JQS] 終値586円(+31円|+5.58%)
☆【6042】ニッキ[東2] 終値3995円(+325円|+8.85%)



★4579 ラクオリア
名古屋大学「ラクオリア創薬産学協同研究センター」設置決定
http://syoukenshinpou.blog13.fc2.com/
広告を非表示にする